スタイルマーケット

BLOG

ブルーマジックで色んなものを磨いてみた!~金属編~

ブログをお読みの皆様、ご無沙汰しております。
株式会社ウェブベンダーコーポレートサイトのブログ更新担当です。

今年もとうとう6月になってしまいましたね。ふと机の上を整理している最中に卓上カレンダーを確認したらいつの間にか「あれ…折り返し地点に来てる…」と戦慄してしまいました。そりゃ長袖だと暑いなーと思う日が多くなるわけですね…。
皆さんは今年の上半期に何か大きなイベントなどはありましたか?
私は「甥っ子爆誕」「推しのチケット戦争に2回連続で勝利する」「ゴリラチョコの油分でお腹を壊す」などなど、上半期だけで様々な出来事がありました…まぁまだ下半期もあるんですが…。
今のところただただ嬉しい事や「なんでこうなったの????」と心底疑問に思う事件が入り乱れているのですが、個人的には充実した上半期だったんじゃないかなと思いますね。今年もまだ半分も残っていますので、この先も充実した日々を送れるように努力していければと思います!

さて、今回は久々の「使ってみたシリーズ」です!
紹介させていただく商品はこちら

20220623-01.jpg
ブルーマジック(BLUE MAGIC)メタルポリッシュ(金属磨き)550g

20220623-02.jpg
ブルーマジック(BLUE MAGIC)プラスチック/プレキシガラスクリーナー 236ml

こちらは知る人ぞ知るコンパウンド兼コーティング剤ですね。
その名前の通りメタルポリッシュは金属を、プラスチック/プレキシガラスクリーナーはプラスチックやプレキシガラス等をキレイにする感じです。
中には5ミクロン以下の超微小研磨剤が入っており、傷による曇りや細かな傷を削って均しつつ、シリコンコーティングを施してくれるので、他のコンパウンド剤とは違い磨くだけでOKなのがありがたい製品です。

20220623-03.jpg
そもそもコンパウンド剤って何?とお思いの方はイメージ図を見ると少しイメージしやすくなるんじゃないかと思います。サンドペーパーやヤスリを同じ要領でつるつるにしている感じで、傷や汚れを削って落としていく液剤、もしくはクリームとなります。

 

今回のブログではこの2つのブルーマジックを通常通りメタルポリッシュは金属に、プラスチック/プレキシガラスクリーナーはプラスチックに使用していきたいと思います!

磨く素材はこいつらです!!
まずは私が学生時代使っていたオリジナル道具!
20220623-04.jpg
こちらはメタルポリッシュを金属部分に使用します。学生時代、銅版画を履修していた時に作成した教授直伝の何でもできるぜ描画アイテムです。今はペーパーナイフにしたりブロック水彩紙を剥がす時に使っていますので、金属部分の先端に細かい傷が見受けられますね…これを機にきれいに磨いてみたいと思います。

そして年代物のハサミ!
20220623-05.jpg
こちらは社長夫人にお借りしました!なんでも40年物のハサミなんだとか。ハサミ全体が金属でできており、色んな所が磨けますのでどれだけ時間がかかったか、どの程度のキズまでならキレイにできるか確認していければと思います。

今回のブログではメタルポリッシュを使用した感想をお伝えさせていただきますね。色々なものを磨くために準備を進めていたのですが、準備しすぎたせいで普通に磨いた時点でかなりの情報量になってしまいました。磨くのってなかなかに楽しいんですね…やり始めたらどんどん磨いてしまって止まらなくなってしまいましたよ…。

気持ちを切り替えて、まずはメタルポリッシュをオリジナル道具に使用していきます。
研磨前はこんな感じですね。
20220623-06.jpg
先端に細かい傷が多数見受けられます。あと私がお手入れをさぼったせいでそのまま付着しているグランド(茶色い汚れ)もありますね~なにやっているんだしっかり手入れしろ。皆さん道具を大事にキレイに使いましょうね!

20220623-07.jpg
黒いプラスチックの蓋を取ると紙の蓋で密閉されていましたのでそれもべりべり剥がしていきます。結構しっかりくっついている為、慎重に剥がしていきます。
蓋を開けて紙の蓋を剥がすとこんな感じです。
20220623-08.jpg
クリームが見事に青いですね~!
個人的にはもっと固いクリームをイメージしていたんですが、かなりやわやわなクリームになっています。クリーム自体を触っていても削るイメージがあまり湧かないですね。
クリームの1部が分離して黄色い部分ができていますが、商品ページやパッケージに記載している通り、品質には問題なくしっかり混ぜれば通常通りに使用できますのでご安心ください!

20220623-09.jpg
早速クリームを付けて磨いていきます。
クロスは付属品であるブルーマジックのクロスを使用しています。クリーム自体がかなり柔らかいため毛足も長いタオルやもこもこしているクロスではなく、本当に布!みたいなクロスを使用した方が良いのかなと思います。
実際に使ってみると本当にクリーム付けて表面を磨いているだけみたいな印象を受けますね。削っているような感覚はほとんどないです。

20220623-10.jpg
軽くふき取ってみました。この時点でかなりクロスが汚れてきていますね!何となく金属部分も綺麗になっているように感じます!
この調子で何度か繰り返し磨いてみます。

2回磨いて拭きあげた結果がこちらです。
20220623-11.jpg
かなり変わったのでは!?!?
20220623-12.jpg
並べて比較すると結構違いがわかりますね!
細かな傷が多かったのですが、一気にキズが消えてくれました!茶色かった部分もだいぶ取れてスッキリしたように感じますね。あと先端の平たい部分?刃の部分?がめちゃくちゃツヤツヤになりましたよ!
正直コーティング作用には正直そこまで期待していなかったのですが、これは良いですね~!

続きましてハサミを磨いていきます!
20220623-13.jpg
こちらは磨く部分がかなり多いので時間がかかりそうですね…!ちなみに先程磨いたオリジナル道具は、加減がわからず大体10分くらい磨いておりました。もう少し全体を磨けばもっときれいになる気がします。

20220623-14.jpg
何はともあれ、先程と同じ様にクリームを付けて磨いていきます。
20220623-15.jpg
私がしている磨き方なのですが、まずクリームを薄く伸ばして全体をゴシゴシ磨いていき、クロスがだいぶ黒くなったと思ったらクロスの汚れていないキレイな面で何度か拭きあげていく感じを繰り返しています。
20220623-16.jpg
磨いている時点でキレイになっていくのがよくわかるのも、この商品の良いところのように感じますね。
塗り広げている最中や拭き取っている時のクリームの色はブルーなのですが、クロスについた途端黒くなるのはなんでですかね…結構謎です…!
20220623-17.jpg
磨いている最中にだいぶ手が汚れてしまう為、肌が弱い方や手が荒れている方はゴム手袋やビニール手袋を使用することをお勧めします。
また、作業する際には汚れてもいい服を着てくださいね。私は考え無しに手袋なしで白い服を着たまま作業したらえらい目に遭いました。考えればすぐにわかることを考えずにいたら手と服がクロスと同じ様なざまになってしまいましたよ、シンプルに悲しい。
20220623-18.jpg
だいぶキレイになってきましたので、一回ここで磨いたハサミを見てみましょう。

20220623-19.jpg
だいぶツヤツヤになりましたね!
磨いた時間は大体1時間半くらいでしょうか?磨けるところをとことん磨きましたので、そこそこ時間がかかってしまいましたね。

さて、ここで磨く前と磨いた後を見比べてみましょう。
20220623-20.jpg
20220623-21.jpg
20220623-22.jpg
20220623-23.jpg
20220623-24.jpg
こうして見比べると色合いがだいぶ変わったように感じますね。磨く前も深みのある色合いをしていてよかったと思うのですが、こうやって磨いてみると錆というか、だいぶ汚れていたんですね…。汚れはもちろんですが、細かな傷もキレイになったように感じます。
しかし大きめのキズやえぐれているような傷は消えていません。というものブルーマジックメタルポリッシュに入っている研磨剤の大きさは超微少で5ミクロン以下となっているからですね。本当に「表面を削って綺麗にする」ようなコンパウンド剤の為、細かな傷はキレイに消えますが深い傷にはどうしようもない感があります。でもとてもキレイになったので良しとしましょう!!

ここで皆さんにお知らせしないといけないことがあります…。
後日磨いたハサミを使用した社長夫人から切れ味が悪くなったように感じるとの連絡がありました。
原因としてはハサミの刃の部分を磨いてしまったことにより?み合わせに齟齬ができてしまったのではないかと思います。できるだけ刃の部分は磨かないように気を付けていたのですが、付着したクリームを拭き取っただけでも研磨されてしまったようですね…。皆さんはピンキングハサミなどの刃の形状が特殊なものを磨くときは、しっかりマスキングなどの保護を施してから磨いてくださいね!!

長年使用して日焼けしてしまったゴルフクラブや車のメッキパーツへ使用してツヤや傷を消すのはもちろん、サビ取りにも有効な製品となっております!
手軽に金属をキレイにしてみたい方や初心者の方にもおすすめな商品ですので是非お試しいただければと思います!
気になった方は是非商品ページをご確認くださいませ!

 

今回のブログはここまでとさせていただきます。
次回はプラスチック/プレキシガラスクリーナーを実際に使用していきますよ!この記事を書き始めた時は2回に分けて紹介する予定でしたが多分3~4回くらいの尺を使いそうですね!!予定とは何だったのか!!!
最後までお読みいただきありがとうございました。
次回もお楽しみに!

2022/06/25   スタイルマーケット

ブログを掲載しています。

送料・配送について

詳しくは出荷・配送についてをご参照ください。

送料
地域によって異なるため送料表をご確認ください。
配送業者
ヤマト運輸、日本郵便。
※メーカー直送品はメーカー指定業者。
配送時間
下記の時間帯よりお選びいただけます。

 

お支払いについて

お支払いは銀行振込・代金引換・AmazonPayがご利用いただけます。
詳しくはお支払いについてをご参照ください。

※代金引換の場合は別途代引手数料がかかります。
※銀行振り込みの振込手数料はお客様にてご負担いただきますようお願いします。

 

返品・交換について

返品・交換の可能期間、商品は商品到着日より7日以内の未使用品のみとなります。
詳しくは返品・交換についてをご参照ください。

※ご不明な点はお問い合わせください。メールでのご質問へは翌営業日を目処にお返事をさせていただく様に務めております。

 

営業日について
Calendar Loading

※赤枠は休業日です

 

お問い合わせ
スタイルマーケット

0555-20-2039 (10時~18時受付※日曜・祝日定休)
0555-29-2072

※18時以降・休業日のメール受信につきましては、翌営業日に返信させていただきますのでご了承ください。
※ご注文はご注文フォームからのみとさせていただいております。メール・電話でのご注文は承っておりませんのでご了承ください。